特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第64回ヒューマンインタフェース学会研究会

「インタラクションの評価(特集:ノンバーバルシステムの評価)および一般(SIG-DE-02, SIG-NOI-02)」


主催 ヒューマンインタフェース学会インタラクションのデザインと評価専門研究委員会(SIGDE) ヒューマンインタフェース学会ノンバーバルインタフェース専門研究委員会(SIGNOI)
協賛 早稲田大学Global COE グローバル・ロボット・アカデミア
開催日 2010年7月20日(火)
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館2階 第05会議室
〒169-8555 新宿区大久保3-4-1西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)
[地図]
担当

SIGDE 杉原敏昭(リコー)・安藤昌也(産業技術大学院大学)SIGNOI 桑原教彰(京都工芸繊維大学)

申込

「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい. 受理された講演には申込締切後,1週間程度で原稿作成に関するご連絡をいたします.

原稿のページ数

10ページ以下の偶数ページ

資料

ヒューマンインタフェース学会研究報告集(電子版)Vol.12, No.5」に掲載されます。
なお、2010年度より研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。当日は会場にて 簡易印刷の少数部数を販売いたします。また、年間購読者は、開催1週間前に学会ウェブページにて 電子版研究報告集のダウンロードが可能となり、会場にて、USBメモリーなどからのデータコピーサービスも 予定しています。研究報告集の発行日は研究会開催前1週間となります。 

注意

お申込を受理いたしました原稿のご提出時、ご講演の題目、著者等につきまして、 お申込手続きで提出されたものより大幅に変更される場合が増えてきています。 内容に関わる重大な変更と判断いたしますものにつきましては、原稿の受領を保留とし、 変更事由等につきましての照会、および、照会後の判断による原稿の差し戻し等を行う 場合がありますことを、予めご了解ください。また、研究倫理面、著作権等の知財権利関係、 個人情報保護面などで疑義ある原稿につきましても、照会と照会後の原稿取り扱いの判断を 行う場合がありますことを、予めご了解ください。
原稿のご提出は締切厳守でお願いいたします。 


プログラム

[インタラクションの評価(特集:ノンバーバルシステムの評価)および一般(SIG-DE-02, SIG-NOI-02)]
7月20日(火)
10:00 [開場]

 

10:30  [ご協賛早稲田大学よりのご挨拶、オーサーインタビュー案内]

 

11:00 - 12:00 [一般]
1. 耳での生体情報センシング
佐野あかね,富田尚,大場晴夫(ソニー株式会社)
2. 腕相撲による学びの場づくり活性化支援の試み
山田 貴志, 渡辺 富夫(岡山県立大学)

 

12:00 - 13:00 [昼食]

 

13:00 - 14:30 [特集ノンバーバルシステムの評価]
3. 提示型インタフェースの評価
趙 慧寧,森本 一成, 桑原 教彰(京都工芸繊維大学大学院), 浦野 直樹(シャープ株式会社)
4. エージェントによる認知症者の視線と注意の誘導
和田 良,桑原 教彰,森本 一成,赤澤 圭亮,三田 辰弥(京都工芸繊維大学大学院),安田 清(千葉労災病院)
5. 遠隔コミュニケーションにおける視線一致の影響に関する予備検討
能登 肇, 石井 亮, 伊達 宗和, 安藤 康子, 高田 英明, 中園 薫, 川村 春美, 松浦 宣彦(NTT)

 

14:30 - 14:40 [休憩]

 

14:40 - 16:10 [インタラクションの評価]
6. 購入時のメンタルモデルが製品評価に及ぼす影響
安藤 昌也(産業技術大学院大学)
7. ロボットが寄り添う高齢者同士のTV対話におけるユーザ行動分析
米澤朋子(ATR),神山祐一(ATR/名古屋大学),山添大丈,安部伸治(ATR),間瀬健二 (名古屋大学)
8. ロボット支援TV会話における高齢者の対話への集中状態の推定
山添大丈(ATR),神山祐一(ATR/名古屋大学),米澤朋子,安部伸治(ATR),間瀬健二 (名古屋大学)

 

16:30 - 17:00 [オーサーインタビュー]

 

題目および発表者名は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。

ご講演番号5番におきまして、著者のお名前の一部に表記の間違いがあり、大変に失礼いたしました。上記、修正の上、お詫び申し上げます(2010.06.21)


[投稿案内]