特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第51回ヒューマンインタフェース学会研究会

「緊急時のコミュニケーション支援および一般」


主催 ヒューマンインタフェース学会
協賛 立命館大学 防災システム研究センター
開催日 2008年11月7日(金)
会場 立命館大学情報理工学部 1階会議室
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
[地図]
テーマ

緊急時のコミュニケーション支援および一般

担当

仲谷善雄(立命館大学情報理工学部)

申込

「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。 

原稿のページ数

2, 4, または6ページ


プログラム

[緊急時のコミュニケーション支援および一般]
11月7日(金)
10:00 - 12:00 [緊急時のコミュニケーション支援]
1. 手話・日本語二言語緊急通報の受容に関する検討
米村俊一,永徳真一郎(NTT),鎌田一雄,米倉祥紀(宇都宮大学)
2. 手話と文章による緊急情報提示における情報読取のストラテジー
米村俊一,永徳真一郎(NTT),鎌田一雄(宇都宮大学)
3. 個人の生活スタイルをベースとした災害意識啓発と防災教育のためのシステム
山本知彦,仲谷善雄(立命館大学)
4. マルチエージェントを用いた観光地避難支援システム
仲谷善雄(立命館大学),渡辺大輔(三菱電機情報ネットワーク(株)) 
--- 昼休み ( 90分 )---
13:30 - 16:00 [一般]
5. ユーザビリティ定量化手法の構築 (1)客観的評価を行うためのチェックリストの整備
池上輝哉(NEC),岡田英彦(京都産業大学),福住伸一(NEC)
6. ユーザビリティ定量化手法の構築 (2)チェックリストの有効性検証と品質向上検討
岡田英彦(京都産業大学),池上輝哉,福住伸一(NEC)
7. 重度肢体不自由者向け視線入力システムについて(第一報)-USBカメラを介した画像処理による視線検出-
西岡芳隆,船瀬和記,難波章弘,武藤寛(早稲田大学)
8. 重度肢体不自由者向け視線入力システムについて(第二報)-黒目の抽出を利用した視線検出精度の向上-
船瀬和記,西岡芳隆,武藤寛(早稲田大学)
9. 教育用ディベートシステムを用いたカリキュラムの批判的思考態度醸成効果の実験的評価
青柳西蔵,伊丹悠人,下田宏,石井裕剛(京都大学),冨江宏,北川欽也(滋賀県立膳所高等学校)


[投稿案内]