特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第27回ヒューマンインタフェース学会研究会

「VRの心理と生理」


主催 ヒューマンインタフェース学会
共催 日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究委員会
開催日 2004年3月8日(月)、9日(火) 
会場 長崎総合科学大学 シーサイドキャンパス 212教室
〒851-0193 長崎県長崎市網場町536
TEL:095-839-3111(代表)
[地図]
テーマ

VRの心理と生理

申込

「講演申込方法のご案内」のページを参照して下さい.受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成についてのご連絡をさせていただきます.
※ 尚、今研究会に限り原稿枚数を最大4ページまでと致します。
どうぞあしからずご了承下さい。

資料

「ヒューマンインタフェース学会研究会報告集Vol.6 No.2」に掲載いたします.会場でもご購入いただけます.


プログラム

[VRの心理と生理]
3月8日(月)   
13:00 - 14:30
1. 付加静止刺激の3次元的配置がベクションに及ぼす影響
中村 信次(日本福祉大学)
2. 動的周辺視情報が中心視水平視差検出に与える影響
渡邊 洋(産業技術総合研究所), 寺本 渉(神戸大学), 梅村 浩之(産業技術総合研 究所), 松岡 克典(産業技術総合研究所)
3. ”reverspective”における周辺刺激の効果
伊藤 裕之, 須長 正治, 辻 摩耶子(九州大学)

14:50 - 16:20
4. 呈示位置が3次元物体の方位判断に及ぼす影響
梅村 浩之, 渡邊 洋, 松岡 克典(産業技術総合研究所)
5. 三次元CGに対する形状評価の歪みについての要因の検討
五島 真一朗, 北島 律之, 竹田 仰(長崎総合科学大学)
6. 3次元ステレオ立体映像における部分立体化技術の提案とその心理特性
田崎 新二, 和田 親宗(九州工業大学), 合志 和洋, 古賀 広昭(熊本電波工業高等 専門学校)
■施設見学 & 懇親会
施設は、諫早市にある長崎ソフトウェアセンター内の産学官マルチメディア共同研究室の予定です。

 

3月9日(火)   
10:00 - 12:30   
7. 聴覚情報による視覚捕捉と姿勢制御
高山 るみ, 北崎 充晃(豊橋技術科学大学)
8. 前庭感覚情報と競合する仮現運動音像提示が自己運動方向知覚におよぼす影響
坂本 修一, 久下 智司, 鈴木 陽一, 行場 次朗(東北大学)
9. オプティカルフローからの知覚と行動
北崎 充晃, 黒瀬 勲信, 後藤 充慶, 河村 賢治(豊橋技術科学大学)
10. 感覚特性に基づいた流れ場の触覚表現法
石原 雅巳, Misa Grace Kwok, 小俣 昌樹, 今宮 淳美(山梨大学)
11. RUI:Realizable User Interface カーソルを用いた情報リアライゼーション
渡邊 恵太, 安村 通晃(慶應義塾大学)

 
13:30 - 15:00
12. 呼吸を介した癒しシステム"Mind Wave"の開発と評価
青山 泰史, 加藤 佳一郎, 薄木 貴行, 吉村 愛香, 井上 裕美子, 橋本 渉, 大須賀 美 恵子(大阪工業大学)
13. ドライビングシミュレータを用いたドライバの運転支援に関する基礎的研究
栗谷川 幸代(日本大学), 大須賀 美恵子(大阪工業大学), 景山 一郎(日本大学)
14. 血圧-心拍数間の因果的コヒーレンス関数を用いた映像酔いの評価
杉田 典大, 吉澤 誠, 田中 明, 阿部 健一, 山家 智之, 仁田 新一(東北大学)

 



本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。


[投稿案内]