特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第74回ヒューマンインタフェース学会研究会

「人工現実感および一般(SIG-VR-03)」


主催 ヒューマンインタフェース学会 SIG-VR研究会
共催 日本バーチャルリアリティ学会
連催 映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究会 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)
開催日 2011年6月28日(火)~29日(水)
会場 東京大学 山上会館2階 大会議室
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学構内
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

[地図]
申込方法

下記のヒューマンインタフェース学会の「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。
http://www.his.gr.jp/meeting/submit.html受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。

原稿のページ数

原稿のページ数:2, 4, または6ページ

資料

2010年度より研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。年間購読者は、開催一週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウンロードが可能となります。当日は会場にて、若干部数の簡易印刷版の販売(頒価未定)、USBメモリーからのデータコピーサービス(年間購読者のみ)等も予定していますが、部数やサービス内容的には限定的なものとなりますので,年間購読によるダウンロードをお奨めいたします。研究報告集の発行日は研究会開催前1週間となります。

問合先

学会事務局 研究会担当まで

申込締切

 

2011年4月8日(金)
2011年4月14日(木)※延期されました.


プログラム

[人工現実感および一般(SIG-VR-03)]
6月28日(火)
10:50 - 12:00 [コミュニケーション支援]
1. 発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援
○小川恭平・竹内俊貴・西村邦裕・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
2. 家具への分散型組み込みディスプレイによるバーチャルキャラクターを介したコミュニケーション促進プロダクトの提案
○山田啓己(東大)・白井晃平(日立)・大貫喬平(ヘルメス)・ソハン アリエル ハイエス(マードック大)・廣瀬通孝(東大)
3. iPvlc : 可視光通信プロジェクタとスマートデバイスを連携した情報提示の検討
○加藤由訓・深澤尚史・苗村 健(東大)

12:00 - 13:30 [昼食]

13:30 - 14:40 [ディスプレイ]
1. 紫外プロジェクタを用いた発色型映像投影
○橋田朋子(東大)・筧 康明(慶大)・苗村 健(東大)
2. 超指向性スピーカを用いた複数映像同時視聴のための個別音提示方法
○上田雅道・木村健太郎(東大)・宝珠山 治(NEC)・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
3. 香りプロジェクタの渦輪速度制御に関する再検証
鈴木駿平・村井康治・○柳田康幸(名城大)

14:40-14:55 [休憩]
14:55 - 15:45 [感覚1]
1. 五感コンテンツ制作環境の評価(仮)
○海老澤清一郎・広田光一(東大)・池井 寧(首都大東京)・雨宮智浩(NTT)
2. 中心視と周辺視における位置判断 ~ Classification image法による検討 ~
○草野 勉・佐藤隆夫(東大)

6月29日(水)
10:50 - 12:00 [感覚2]
1. アバタの形状変化が身体感覚に与える影響の評価
○木山 亮・笠田和宏・泉原厚史(東大)・阿部浩二(首都大東京)・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
2. 多種感覚間における印象の連想関係に関する実験
○小野嶋勇介・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
3. 頭部前面における風覚の水平角分解能の測定
○中野拓哉・佐治翔太・柳田康幸(名城大)
12:00 - 13:30 [昼食]
13:30 - 15:10 [インタフェース]
1. マルチタッチデバイスを複数用いた三次元領域選択のためのユーザインタフェース
○大西崇之(阪大)・ロバート リンデマン(WPI)・清川 清・竹村治雄(阪大)
2. Smartphone Game Controller
○Nicholas Katzakis(阪大)・堀 雅洋(関西大)・清川 清(阪大)・竹村 治雄(阪大)
3. 仮想空間におけるスキルフルな物体操作の研究 ~ 評価システムの構築及び予備実験 ~
○水鳥未那人・広田光一(東大)
4. Pseudo-Hapticsを利用した三次元曲面の形状知覚操作に関する基礎的検討
○伴 祐樹・梶波 崇・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)

15:10-15:25 [休憩]
15:25 - 16:40 [VR一般]
1. 仮想化現実環境モデルに基づく携帯カメラの位置方位推定に向けて
○西田 純(筑波大)・石川智也・牧田孝嗣・興梠正克(産総研)・山下 淳・葛岡英明(筑波大)・蔵田武志(産総研)
2. 高精細大画面ディスプレイを利用した可視化を対象とする視線位置に応じたインタラクティブな情報認識支援システム
○荒川卓也・山崎充彦・林 織部・西村邦裕・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
3. 荒川修作の「意味のメカニズム」を解読する(その3) ~ 人類文明の論理エラーを発見し修復するために ~
○得丸公明(システムエンジニア)

 

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


[投稿案内]