特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第87回ヒューマンインタフェース学会研究会

「人工現実感および一般(SIG-VR-05)」


主催 ヒューマンインタフェース学会 SIG-VR研究会
連催 日本バーチャルリアリティ学会 映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究会 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)
開催日 2012年6月26日(火)~27日(水)
会場 東京大学 山上会館2階 大会議室
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学構内
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

[地図]
申し込み方法

受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。下記のヒューマンインタフェース学会の「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。
http://www.his.gr.jp/meeting/submit.html受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。

原稿のページ数

原稿のページ数:2, 4, または6ページ

資料

研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。年間購読者は、開催一週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウン ロードが可能となります。当日は会場にて、若干部数の簡易印刷版の販売(頒価未定)、USBメモリーからのデータコピーサービス(年間購読者のみ)等も予 定していますが、部数やサービス内容的には限定的なものとなりますので,年間購読によるダウンロードをお奨めいたします。研究報告集の発行日は研究会開催 前1週間となります。

問い合わせ先

学会事務局 研究会担当もしくは
SIG-VR幹事伊藤(sigvr@ime.cmc.osaka-u.ac.jp)まで


プログラム

[人工現実感および一般(SIG-VR-5)]
6月26日(火)
10:45 - 12:20 [マルチモーダルHI,BCI]
1. 水滴を用いた自由空間内での視温覚統合情報提示に関する基礎検討
○永徳真一郎(東大/NTTコミュニケーションズ)・鳴海拓志・檜山 敦・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
2. 布地パッチの接触面積が皮膚の湿潤感へ与える影響
○大地 徹・奥田真太郎・柳田康幸(名城大)
3. 脳波による手指運動想起判別の基礎検討
○吉竹一智・唐山英明(富山県立大)
4. 空間内の複数人員配置のための指示位置提示手法に関する検討
○児島 陽平, 伊藤 雄一, 藤田 和之, 中島 康祐, 尾上 孝雄(大阪大学)

12:20 - 13:40 [昼食]

13:40 - 15:40 [サービスや生活とVR/AR]
1. ミュージアムにおける名札を用いた来館者の鑑賞方向センシングの基礎検討
○ソ ミギョン・苗村 健(東大)

2. スマートフォン内蔵センサと環境カメラを活用した端末ペアリング方式の提案
○山口徳郎・立澤 茂・野中雅人(OKI)

3. 頭部運動に基づく視線推定の有効性の検討
○濱咲侑也・中村聡志・柳田康幸(名城大)

4. マルチタッチディスプレイを用いたプランニングができるデジタルサイネージシステムの提案
○ 遠藤 隆介(ゼネラルリソース),伊藤 雄一, 中島 康祐, 藤田 和之(大阪大学), 岸野 文郎(関西学院)

5. ライフログを用いた未来予測によるタスク進行管理手法の検討
○田村洋人・小川恭平・竹内俊貴・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
15:40-16:00 [休憩]
16:00 - 16:50 [VR/MRのための画像コンテンツ生成]
1. 画像スティッチングによる自由曲面投影ディスプレイの投影視野拡大
○佐藤裕貴(岐阜大)・小林繁治,木島竜吾(岐阜大)

2. Fast Hash-Based Inpainting for Virtualized-Reality Indoor Modeling
○Kalaivani Thangamani・Tomoya Ishikawa・Koji Makita・Takeshi Kurata(AIST)

6月27日(水)
10:00 - 11:40 [感覚とヒューマンファクター]
1. 臨場感と現実感の評価の実験
○飯村浩平・小松 剛・中村広幸・大倉典子(芝浦工大)

2. 拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作
○藤井達也・伴 祐樹・井村 純・鳴海拓志・廣瀬通孝・谷川智洋(東大)

3. VR空間でのインタラクションにおけるしっくり感の定量評価
○宇塚貴紀・伴 祐樹・木山 亮・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)

4. VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究
○大原寛司・荒川卓也・上田雅道・木山 亮・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大院)
11:40 - 13:00 [昼食]
13:00 - 13:50 [HMD]
1. 広視野シースルーHMDによる情報提示のためのVR環境を用いた周辺視野の影響の調査
○岸下直弘・間下以大・清川 清・竹村治雄(阪大)

2. 画面内時間遅れが頭部搭載ディスプレイ使用者の視知覚に与える影響
○土井崇史(岐阜大)・毛利勇一(セイコーエプソン)・早川雄一郎・木島竜吾(岐阜大)

13:50-14:10 [休憩]
14:10 - 16:15 [ハプティックとVR/AR]
1. 空気砲を用いた触感ディスプレイの印象評価
○橋口 哲志, 張 帥, 山本 修平, 竹田 仰(九州大学)

2. 点群表現された実物体に対するリアルタイム力覚提示手法
○山崎 健一, 橋本 渉, 西口 敏司(大阪工業大学)

3. VR世界への両手多指操作のためのハプティックインタフェースの開発
○周東正高・谷川心平・三宅 慧・赤羽克仁・佐藤 誠(東工大)

4. アンカーレス2自由度力覚提示装置を用いた広域VR物体の力覚提示
○朴 成洙・岩田洋夫・矢野博明(筑波大)

5. 力覚を伴うウェアラブルARシステム
○村上和也・木山 亮・井村 純・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)

 

 

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(ショート発表):発表 10 分 + 質疑応答 10 分

 

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。

 

 


[投稿案内]