特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第096回ヒューマンインタフェース学会研究会

「認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般(SIG-AT-04)(SIG-DE-13との合同開催)」


主催 アシスティブ・テクノロジー専門研究委員会(SIGAT)
合同開催 「インタラクションのデザインと評価および一般」(SIG-DE-13)との合同開催
開催日 2013年3月18日(月)〜19日(火)
会場 東京学芸大学
問い合わせ先

SIG-AT 安部伸治(s.abe.pk[at]it-hiroshima.ac.jp), 桑原教彰(nkuwahar[at]kit.ac.jp)

申 込

「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関するご連絡をいたします。

原稿のページ数

10ページ以下の偶数ページ

資 料

「ヒューマンインタフェース学会研究報告集(電子版)Vol.15」に掲載されます。
なお、2010年度より研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。当日は会場にて簡易印刷の少数部数を販売いたします。また、年間購読者は、開催1週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウンロードが可能となり、会場にて、USBメモリーなどからのデータコピーサービスも予定しています。
研究報告集の発行日は研究会開催前1週間となります。

注 意

お申込を受理いたしました原稿のご提出時、ご講演の題目、著者等につきまして、お申込手続きで提出されたものより大幅に変更される場合が増えてきています。内容に関わる重大な変更と判断いたしますものにつきましては、原稿の受領を保留とし、変更事由等につきましての照会、および、照会後の判断による原稿の差し戻し等を行う場合がありますことを、予めご了解ください。また、研究倫理面*、著作権等の知財権利関係、個人情報保護面などで疑義ある原稿につきましても、照会と照会後の原稿取り扱いの判断を行う場合がありますことを、予めご了解ください。
原稿のご提出は締切日厳守でお願いいたします。締切期日後到着の原稿は受理せず、お申込自体を取り消しといたします。


プログラム

[第96回研究会「認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般」]
3月18日(月) 第96回研究会「認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般」
10時開場
10:30 - 12:00  研究会C
研究会C「HI学会における研究会活動を考える」(C-01)
12:00 - 13:00  昼食
13:00 - 16:30  第97回研究会「インタラクションのデザインと評価および一般」(SIG-DE-13)
13:00 - 14:00  インタラクションのデザイン
1. ピクトグラムの並びのデザインによる視覚的コミュニケーション手法
○塩尻 実里, 米澤 朋子(関西大学) 
2. エスノグラフィックアプローチによる自動車内インタラクティブ機器のインタフェースコンセプトの検討
○安藤 昌也(千葉工業大学), 森 敏史, 森 卓也, 田窪 信夫, 田中 哲彦((株)デンソー) 
休憩
14:10 - 15:40  ノービスセッション
3. エージェント介在形Webブラウジングの対話性に関する検討
○河村 絢香, 塩尻 実里, 中谷 友香梨, 泉谷 潤一, 米澤 朋子(関西大学)
4. 幼児のひらがな学習を支援するARままごとシステムの提案
○前川 紗那, 米澤 朋子(関西大学)
5. 簡易スペクトログラムによる生活環境音の擬音語分類手法の提案
○中 祐介, 米澤 朋子(関西大学)
座長講評
16:00 - 16:30  オーサーインタビュー

3月19日 (火)  第96回研究会(情報保障有り)、第97回研究会2日目(情報保障有り)
10時開場
10:30 - 12:30 第96回研究会「認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般」(SIG-AT-04)
10:30 - 12:30 認知症や記憶障害に対する工学的支援技術および一般
1. ろう者が使用する「対照的表現」―逆接的「手話」とその頻度―
○角田 麻里(国際基督教大学), 中園 薫(NTT未来ねっと研究所/京都工芸繊維大学), 神田 和幸(中京大学), 長嶋 祐二(工学院大学)
2. 視線分析を用いたピクトグラムによるユーザインタフェースの評価
○中園 薫(NTT未来ねっと研究所/京都工芸繊維大学), 五十嵐 敦志(工学院大学), 長嶋 祐二(工学院大学)
座長交代
    ノービスセッション

 

3.写真画像と映像を用いた高齢者との会話における若年者の負担感の比較
○岩元 美由紀, 桑原 教彰, 森本 一成(京都工芸繊維大学)
4.クロスモーダルな刺激提示による寄り添い感の生成
○川口 舞子, 桑原 教彰, 森本 一成(京都工芸繊維大学)
座長講評
12:40 - 14:00  昼食
14:00 - 15:00  インタラクションのデザイン
5.Kinectを用いた指文字練習システムにおける識別処理の検討
○田中 陽土(筑波技術大学) , 高林 大輔(筑波大学), 瀬戸山 浩平(筑波技術大学), 大川 泰弘(筑波大学), 加藤伸子(筑波技術大学), 福井 和広(筑波大学), 岡崎彰夫(筑技術大学)
6.Kinectを用いた指文字練習システムにおけるリアルタイムフィードバック表示の検討
○瀬戸山 浩平(筑波技術大学), 高林 大輔(筑波大学), 田中 陽土(筑波技術大学), 大川泰弘(筑波大学), 加藤 伸子(筑波技術大学), 福井 和広(筑波大学), 岡崎 彰夫(筑波技術大学)
座長交代
15:00 - 16:30  ノービスセッション
7.発達障害児向けピクトグラムの検討
○山本 浩希, 宮田 圭介(静岡文化芸術大学)
8.タッチパネル指向の数式入力方法の提案と数学教材作成ツールの試作
○前田 雅之, 加藤 直樹(東京学芸大学)
9.授業ビデオ映像を利用した教育実習における授業研究支援システムの開発
○今野 翔太郎, 櫨山 淳雄, 加藤 直樹(東京学芸大学)
16:30 - 17:00  オーサーインタビュー(第96回発表分を含む)

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。


[投稿案内]