特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第134回ヒューマンインタフェース学会研究会

「人工現実感および一般(SIG-DeMO-01)」


主催 ヒューマンインタフェース学会 SIG-DeMO研究会
連載 日本バーチャルリアリティ学会 映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究会 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)
開催日 2016年7月20日(水)
会場 東京大学 山上会館2階 大会議室
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学構内
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

[地図]
申し込み方法

受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。下記のヒューマンインタフェース学会の「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。
http://www.his.gr.jp/meeting/submit.html受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。

原稿のページ数

原稿のページ数:2, 4, または6ページ

資料

研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。年間購読者は、開催一週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウン ロードが可能となります。当日は会場にて、USBメモリーからのデータコピーサービス等も 定していますが、部数やサービス内容的には限定的なものとなりますので,年間購読によるダウンロードをお奨めいたします。研究報告集の発行日は研究会開催 前1週間となります。

参加費

参加費(1日あたり): 一般:1000円  学生:500円
(2日参加の場合は、一般:2000円、学生:1000円となります)
また、研究報告集の年間購読者は参加費が無料となります。

問い合わせ先

学会事務局 研究会担当もしくは
SIG-DeMO幹事伊藤,高嶋(sig-demo@hi-mail.ise.eng.osaka-u.ac.jp)まで


プログラム

[人工現実感および一般(SIG-DeMO-01)]
7月20日

10:30 - 12:00 

1. スマートフォンによるポータブル共食システムの基礎的検討
池上 陽一郎冨永 登夢土方 嘉徳酒田 信親(大阪大学)

2. ペン把持力のセンシングによる筆記量推定手法
○山下 真由伊藤 雄一(大阪大学)高嶋 和毅(東北大学)尾上 孝雄(大阪大学)

3. VRにより生起される擬似成功体験を用いたルーティーンの短期構築手法の検討
田上翔一吉田成朗小川奈美鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大
13:30 - 15:00 
4. 演奏者の重心移動を用いた演奏連携度の取得に関する検討
○續 毅海伊藤 雄一(大阪大学)藤原 健(大阪経済大学)・高嶋 和毅(東北大学)尾上 孝雄(大阪大学)

5. 頭部非装着型ウェアラブルデバイスによる頭部姿勢推定手法の提案
犬飼 和真冨永 登夢土方 嘉徳酒田 信親(大阪大学)

6. A Prospective Study About Enhancing Effect of VR in Soccer Training
Cesar Daniel Rojas FerrerItaru KitaharaYoshinari KamedaU. Tsukuba

15:15 - 16:45 
7. タスク処理行動に関するライフログを用いたタスク成否予測の基礎的検討
三田涼介竹内俊貴谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大

8. 自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム
野見山真人竹内俊貴東大)・鬼丸寛之本田技研)・谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大

9. エリア内に設置された複数台のカメラを用いた視野外の人数推定
飯山将晃小倉 暢橋本敦史森 幹彦笠原秀一美濃導彦京大

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(ショート発表):発表 10 分 + 質疑応答 10 分

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。


[投稿案内]