特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第136回ヒューマンインタフェース学会研究会

「人工現実感および一般(SIG-DeMO-02)」


主催 ヒューマンインタフェース学会 SIG-DeMO研究会
連催 日本バーチャルリアリティ学会 SIG-MR・SIG-CS 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)
開催日 2016年10月13日(木)〜14日(金)
会場 支笏湖丸駒温泉(北海道)

[地図]
会場住所等 〒066-0287 北海道千歳市支笏湖幌美内7
テーマ

企画等は現在検討中ですが、今回は温泉宿での合宿形式※とし、分野年代を超えた技術者・研究者同士でとことん議論したいと考えております。多数の皆様の発表申込みをお待ちしております。

※:後日、宿泊希望調査の連絡を差し上げます。

申し込み方法
受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。下記のヒューマンインタフェース学会の「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。
http://www.his.gr.jp/meeting/submit.html受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。
資料

研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。年間購読者は、開催一週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウン ロードが可能となります。当日は会場にて、USBメモリーからのデータコピーサービス等も 定していますが、部数やサービス内容的には限定的なものとなりますので,年間購読によるダウンロードをお奨めいたします。研究報告集の発行日は研究会開催 前1週間となります。

参加費

参加費(1日あたり): 一般:1000円  学生:500円

(2日参加の場合は、一般:2000円、学生:1000円となります)

また、研究報告集の年間購読者は参加費が無料となります。

問い合わせ先

学会事務局 研究会担当もしくは

SIG-DeMO幹事伊藤,高嶋(sig-demo@hi-mail.ise.eng.osaka-u.ac.jp)まで

原稿のページ数

2, 4, または6ページ


プログラム

[人工現実感および一般(SIG-DeMO-02)]
10月13日
13:25 - 14:40 [SIG-MR 1]
1. 多視点カメラを用いたライトフィールドレンダリングによる隠消現実感表示
森 尚平,前澤 桃子,家永 直人,斎藤 英雄(慶大)
2. MR環境下における遮蔽矛盾解消のための前景抽出手法
堀 智貴、ローハス メナンドロ、岡本 泰英、大石 岳史(東大)、吹上 大樹(NTT)
3. ベクションを用いた事前重心移動誘発による加速度隠消現実
澤邊 太志、神原 誠之 (奈良先端大)、萩田 紀博 (奈良先端大, ATR)
14:55 - 16:10 [SIG-CS/Sig-DeMO]
4. オプティカルフロー強調による移動速度感覚の変化に関する一検討
浅井一輝、小川剛史(東大)
15:20-15:45
5. ヘッドマウントディスプレイに装着した光センサによる口元形状の識別
中村 文彦, 鈴木 克洋, 正井 克俊, 伊藤 勇太, 杉浦 祐太, 杉本 麻樹(慶大)
6. 汎用型光駆動アクチュエータのための制御ユニットの実装と評価
深町 太一, 伊藤 雄一, 尾上 孝雄(阪大)
16:45 - 18:00 [MVE 1]
7. 写真の画像内容に基づく類似地域検出の応用に向けた検討
滝本 広樹, 川西 康友, 井手 一郎, 平山 高嗣, 道満 恵介, 出口 大輔, 村瀬 洋(名大)
8. 料理写真の魅力度推定手法のための特徴量の再検討による精度向上
高橋 和馬, 道満 恵介, 川西 康友, 平山 高嗣, 井手 一郎, 出口 大輔, 村瀬 洋(名大)
9. ポケモンGOに関する大学生の意識調査
青木 直史(北大)
10月14日
09:00 - 11:05 [SIG-MR 2]
10. 自動走行車両搭乗 者のための全方位AR提示
坂村 祐希, 亀田 能成, 北原 格(筑波大)
11. Virtual Mapping Party: 歩行環境のVR再現による視覚障害者向け地図の共創的作成
一刈良介,蔵田武志(産総研)
12. 投影型拡張現実によるパッキング支援システム
テチャサラトーン ナタオン,ラサミー ポチャラ,間下 以大,浦西 友樹,清川  清,竹村 治雄(阪大)
13. 実時間バレットタイム映像提示方式
永井 隆昌,亀田 能成,北原 格(筑波大)
14. 画像再構成処理を用いた疑似前後視点移動映像の生成
山中 一希,亀田 能成,北原 格(筑波大)
11:15 - 12:50 [MVE 2]
15. 対話ロボットのための人との信頼感の獲得を目的とした同調的音声合成
西村 祥吾(奈良先端大),川波 弘道(津山高専),神原 誠之(奈良先端大),萩田 紀博(奈良先端大/ATR)
16. 反射型光センサを使用した没入型HMD装着時に利用可能な表情認識技術の提案
鈴木 克洋,中村 文彦,正井 克俊,伊藤 勇太,杉浦 裕太,杉本 麻樹(慶大)
17. 歩行中の手指ジェスチャ入力と音によるフィードバックの検討
馬 雪詩,北原 格,亀田 能成(筑波大)
18. 性別による風向知覚特性への影響
中野 拓哉,柳田 康幸(名城大)
一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(ショート発表):発表 15 分 + 質疑応答 5 分

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。


[投稿案内]