特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > イベント > ヒューマンインタフェースシンポジウム2019


2019LOGO_kari.gif 

ヒューマンインタフェースシンポジウム2019

日時:201992日(月)~5日(木)

会場:同志社大学 今出川校地



Content

大会長挨拶

さぁ、ワクワクしよう!

okubo_face_2019.jpg 2019年9月にヒューマンインタフェースシンポジウムを同志社大学今出川キャンパスで開催します。ヒューマンインタフェースシンポジウムは、この分野に関心をもつ研究者・技術者、学生を始めとする様々な人たちが一同に会する国内最大のイベントです。ヒューマンインタフェースは、工学、心理学、社会学をはじめとする多種多様な分野からなる学際的領域で、参加者の研究領域を広げる可能性が大いにあると思います。年に一度のこのワクワクを味わってみませんか。また今年、ヒューマンインタフェース学会は、創立20周年を迎えます。ここ京都で、これまでのヒューマンインタフェース学会の20年を振り返りつつ、これから学会とシンポジウム参加者すべてが進むべき道を探ることができれば幸いです。みなさんのご研究とヒューマンインタフェース学会のターニングポイントになるようなシンポジウムをめざして、さあ、ワクワクしましょう!

大会長 大久保 雅史(同志社大学)



特別企画

9月4日(水)

特別企画
20周年特別企画「弱いロボット×不便益×仕掛学」


「コトをデザインする」とかユーザーエクスペリエンスという言葉を聞く。しかし、インタフェースデザインやプロダクトデザインの分野では、モノのデザインを通して間接的にしかコトはデザインできない。そのようなデザインのヒントはないか?弱いロボットは、なんでも人の代わりにやってくれる強いロボットとは違い、ユーザにやらせてくれるロボットである。不便益は、ユーザが手間をかけるという経験から得られる益を意味する。仕掛学は、ユーザに謀らずも行動(経験)を起こさせる方法の学問である。

オーガナイザ:川上 浩司
(京都大学)・塩瀬 隆之(京都大学)
司会:塩瀬 隆之(京都大学)
講師:岡田 美智男(豊橋技術科学大学)・松村 真宏(大阪大学)・川上 浩司(京都大学)


講習会

9月2日(月)
コース1 「セキュアなユーザインタフェース」「サマータイム導入論はなぜ巻き起こり、どう収束したか」
コース2 「アイデアの収束からプロトタイピング〜UXデザインではこんな感じでやってます」
コース3 「心理尺度の作り方と使い方—感性評価の基礎—」
コース4 「ハードウェアスケッチ」

ワークショップ (申込締切:2019年4月19日(金)

ヒューマンインタフェースシンポジウムでは、同じ研究分野に興味を持った研究者が集まって自由に情報交換する場として、ワークショップやパネルセッションを開催してきました。今年も、大会期間中に1企画あたり90分程度で開催する予定です。
ワークショップ希望の方は提案書(企画者・企画内容・連絡先等)を事務局までご送付下さい。

提案書: wordファイルPDFファイル


広告募集(申込締切:2019年7月8日(月))

ヒューマンインタフェース2019論文集およびプログラムに掲載される広告を募集しております。 詳細、掲載料等につきましては事務局へお問い合わせください。

発表の申込方法と締切

2019年6月10日(月)24:00までに下記の方法でお申し込み下さい。
原稿締切は2019年7月8日(月)となっております。

 オンライン講演申込 


論文への動画の埋め込みについて

本シンポジウムでは、発表の活性化を目的として、論文への動画の埋め込みを推奨しています。下の「ヒューマンインタフェースシンポジウム 原稿執筆の手引き」を参考に、是非動画埋込をご検討ください。

※動画再生には、Adobe Actobat Reader DC および Acrobat Flash Playerが必要です。

 

シンポジウム講演参加費

  • 学会員・協賛学会員: 13,000円
  • 一般: 21,000円

    ※事前登録の場合(論文提出後、再度参加登録を要します。参加登録を期日以内に行われない場合は上記価格は適用されずに、当日価格となります。)
    ※上記金額には、当日の参加費、論文集が含まれます。
    ※複数件発表の場合は、件数分の参加費が必要です。

論文別刷料金

  • 50部: 6,000円
  • 100部: 11,000円
  • 150部: 16,000円
  • 200部: 21,000円
※論文枚数は4〜8ページ(一般)、2〜8ページ(対話)とさせて頂きます。



協賛企業・団体募集

ヒューマンインタフェースシンポジウム2019の主旨を理解し、これを積極的に支持して頂ける企業・団体などを広く募集しております。

協賛金額には以下の4 種類があります。複数口の協賛も受け付けます。
プラチナ:1 口 50 万円/ゴールド:1 口 30 万円/シルバー:1 口 10 万円
ブロンズ:1 口 5 万円

協賛金額に応じて、以下のような様々なメリットを受けることができます。
・ 呼称の使用:「 <協賛企業・団体>はHI2019に協賛しております」というフレーズを使用できます。
・ ロゴマークの使用: 呼称とともにHI2019のロゴマークが表示できます。
・ 会場内看板・ポスターに協賛企業・団体名表示:
HI2019実施を知らせる看板・ポスターに協賛企業名・団体名を表示します。
・ HI2019公式ウェブページ・論文集のトップページへの協賛企業名・団体名表示
・ HI2019への参加ご招待



協賛学会

映像情報メディア学会 応用物理学会
教育システム情報学会 計測自動制御学会
システム制御情報学会
情報処理学会
照明学会 人工知能学会
シンビオ社会研究会 精密工学会
電気学会 電子情報通信学会
日本VR医学会 日本応用数理学会
日本化学会
日本感性工学会 日本機械学会
日本原子力学会 日本建築学会
日本色彩学会
日本手話学会 日本神経回路学会
日本生活支援工学会 日本生体医工学会
日本ソフトウェア科学会 日本知能情報ファジィ学会
日本デザイン学会 日本人間工学会
日本バーチャルリアリティ学会 日本保全学会
日本リハビリテーション医学会 日本リハビリテーション工学協会
日本ロボット学会 人間中心設計推進機構
モバイル学会

シンポジウム事務局・問合先

特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 事務局
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93 番地
京都リサーチパーク6号館 3階
Tel:075-315-8475 Fax:075-326-1332
E-mail:his-symp[@]his.gr.jp
URL:http://www.his.gr.jp/sympo/his2019.html